2009年01月31日

教えて、金融のこと

北村 慶
価格:¥ 1,365(定価:¥ 1,365)
おすすめ度:


金融に関して多方面から書かれています。
着目すべきはサブプライムローンとバブルの話。

サブプライムローン問題って分かっているような分かっていないよ
うな、ふわふわした状態で理解してないですか?

私はそうでした。

信用力の低い人々に最初は低金利でお金を貸すのがサブプライムロ
ーンだ、というのは初歩の初歩で皆さんご存じかと思います。

問題はこれを証券化して、世界中に販売したことから始まります。
現代では「収入を生むものなら、なんでも証券化することができる」
ので、サブプライムローンも証券化されました。

そして住宅バブルの崩壊によって支払えなくなったローン、その
証券価格は「BBB」格付けのもので9/100にまで下落しました。

世界の金融機関で、このようなことが起こっており、壊滅的な打撃
を与えています。
幸か不幸か日本は買付余力が無かったため損害は少なくすみました。
と思いましたが、アメリカの購買力低下により間接的に大きな影響
を受けています。

まだ、壊滅は道半ば・・・という気がしています。


マインドマップ


◎マインドマップはこれで作っています!
http://tinyurl.com/56rm87



■サブプライムローン
・収入を生むものなら、なんでも証券化することができる
・住宅ローンを証券化
  2次、3次証券化
・証券を格付け
過去のデータに基づくもの
個々の対象ごとに独立に行われている

■金融機関の安全性
・取り付け騒ぎ
  噂
・リクイディティ(流動性)
・ソルベンシー(健全性)
・世界でも類を見ないほど、銀行にリスクが集中した経済構造
・公的資金12兆はほとんど返済済み

■バブル
・チューリップバブル
・過剰流動性
・資金が余剰となっており、資金保有者が投資先を探している状態
 の時に発生しやすい
・バブルを正当化する(しようとする)新理論が現れた後、バブ
 ルは崩壊する


◎どんな本か見てみる↓
http://tinyurl.com/6snbhb


posted by totti at 09:14 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

『サラリーマン「再起動」マニュアル』 大前 研一

大前 研一
価格:¥ 1,575(定価:¥ 1,575)
おすすめ度:


大前研一さんの本は初めて読みました。
噂に違わぬ「ビビッ」とくる言葉ばかり。

・基本的にピラミッド組織の企業は、もはや活性化しない
・ウェブ2.0という概念自体が中間管理職なるものの存在すら否定
 している

この意味は言葉以上に深い。
右肩上がりの成長は終わった現代において、既存企業はこれまでの
成長を維持できるのか。
今のままではできないでしょう。
だからと言って組織を作り直せるのか。
いや、できないでしょう。

実は企業を保つには年功序列制度を頑なに維持していくしかない
という負のスパイラルにはまってしまっているのではないか。

と思うわけです。


話は変わりますが、最近派遣従業員の解雇が問題になっています。
そして派遣従業員たちは抗議デモなどを行っています。

しかし、経営者側からすれば、こういうときのために派遣を雇って
いるのであって、不況になれば当然切られるわけです。
雇われる側もそれを認識していなければならない。

なので、一方的に経営者の責任だ、とするのは虫がよすぎる話なのです。

■マインドマップ

◎マインドマップはこれで作っています!
http://tinyurl.com/56rm87


■なぜ今「再起動」が必要か?
・見えない大陸=新しい経済が出現した
・このビジネス新大陸に順応しなければならない
・「お金の使い方」「時間の使い方」「住む場所」を変える

■「再起動」のための準備運動
・「時間がない」という言葉は禁句
・宵越しのメールは持たない
・朝は、自分の人生の構成を変える時に重要な意味がある
  朝の時間帯を上手に使うか
  プロフェッショナルになれるか否か
・IT、語学、財務
・「子供にかけたお金の額」と「子供の質」は無関係、あるいは
 反比例する
  できるだけお金をかけない
・元手ゼロの「バーチャル海外投資」
・人気企業に就職するということは、自分で自分の能力が発揮で
 きない会社を選んでいる
・世の中というものはレールから外れないと平均給与しか稼げない

■「中年総合力」を身につける
・自己否定する
・プロジェクト
  最悪なのは上が人間と役割分担を決めてしまうケース
  「食わず嫌い」人間とメシを食え
  プロジェクトには「葛藤」が必要
  忌み嫌わねばならない
・インプット
  クリッピングサービス
  クラスディスカッション
  自分の足で歩き回る
  定点観測をして「インスピレーション」を働かせる
  いろいろな人に会う
・中年から伸びるためには「総合力(経営力)」が必要
・「上にモノをいう」「付和雷同しない」というのは、企業の中
 で非常に重要な能力
・「アウト組」になりたくなかったら、言われなくてもやる、自
 ら進んで難しい仕事にチャレンジする、 上司が見ていなくても
 自分のために働く、世の中の森羅万象に興味を持って常に勉強する。
・若者
  自分の年齢プラスマイナス15歳の人を研究する
  我慢をしない一方で、自分の好きなことには以上なエネルギ
  ーを出し、徹夜仕事も厭わない
  ヒーロースポットをたくさん作る
  会社の組織は絶対に大きくしてはならない
  自分の価値観やライフスタイルと一致する反逆児のような上
  司がいると、尊敬してとことんついていく
・「世代を超えて「情熱製造機」になること
・35歳以上になったら、プロデューサーやオーガナイザーの能力
 が最も要求される
・基本的にピラミッド組織の企業は、もはや活性化しない
・5年後の世の中の動きや家庭の財布の動向などを予測しながら、
 口に出してシナリオを書いていく「シナリオ・プランニング」
 が効果的
  新聞紙ほどの大きな企画専用紙を横長に使い、その左下から
  書き始める
・プレゼン
  データに基づいてすべてを自分の頭で組み立て、トップが最
  後はどう意思決定すればよいのかということを、一言でいわ
  なければならない
  「イエスかノーか」と相手に意思決定を迫ることができる訓
  練を今すぐ始める

■"新大陸エクセレントカンパニー"の条件
・「業界」という言葉があるが、今やこの「業界」こそが会社の
 トップの目をおかしくしている元凶である
・ウェブ2.0型企業と1.0型企業の違いは、顧客ニーズの変化をす
 ぐに感知して対応できる企業体質になっているかどうか
・ウェブ2.0という概念自体が中間管理職なるものの存在すら否定
 している

■「ウェブ2.0」時代のシー・チェンジ
・放送と通信が融合するのではなく、放送が通信の一部になっていく
・受信能力に基づいて処理能力で生きてきた人は価値が薄くなる
・世界中に存在するタレントに発信することによって、自分ある
 いは自社の能力を何倍にも広げていける人々に、大きな力が与
 えられる
・地デジ完全移行は、すべてのテレビ番組のユーチューブ化を意
 味する

■新大陸のメシの種
・高齢者の最大の敵は病気ではなく孤独
・物欲・出世欲喪失世代
大きなマイナス

◎どんな本か見てみる↓
http://tinyurl.com/6c3wbf
posted by totti at 11:54 | Comment(2) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

『食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 <上>』 山田 真哉

山田 真哉
価格:¥ 735(定価:¥ 735)
おすすめ度:


あの、ベストセラー「さおだけ屋は〜」の続編です。
http://tinyurl.com/5fdeam

ラーメン屋のじーさんはなぜバイトを雇わないのか。
感情ではなく「勘定」で考えれば当然の理屈だったのです。

数字を効果的に使えれば説得力も増し、ビジネスシーンでも活躍の
一助となってくれるでしょう。


マインドマップ


◎マインドマップはこれで作っています!
http://tinyurl.com/56rm87


■数字のルールはたった4つ
・順序がある
・単位で意味を固定する
・価値を表現できる
・変化しない

■数字がうまくなるための技法
・決めつけ
・常識破り
・ざっくり

■ビジネスの数字がうまくなる
・言い換え
・割り算
・単位変換

■会計の数字がうまくなる
・数字をありのままに見る
金額重視主義
節約や会社の成長は、パーセンテージではなく金額で考える
感情ではなく、勘定(数字)で判断する
損益計算
利益=収益−費用
収益を増やして、費用を減らす

■決算書の数字がうまくなる
・決算書は「読む」のではなく「探す」
・知るべき「指標」を決め、決算書から数字を探していく
・「比較(過去比較、他社比較)」することで問題を浮き彫りにする
・割り算で「比率」を出す


◎どんな本か見てみる↓
http://tinyurl.com/6c3wbf
posted by totti at 09:54 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

『ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力』 勝間和代


言わずと知れた勝間さんの本です。

ビジネスマンなら読んでおいたほうがいいでしょう。
コンサルの得意とする「フレームワーク」ですが、一般人にも
役立つことは多いです。

ちなみに私は「障害報告書」を2時間で書き終えるフレームワークを
持っています!
どうでもいいか・・・

マインドマップ

◎マインドマップはこれで作っています!
http://tinyurl.com/56rm87



■ビジネス思考力
拙速は避けるべきですが、鈍足はもっと避けるべきです。
より適切な行動を起こす
講演会の内容や感想について3行でいいからブログに書く
自分の感想と、検索してみた他の人の感想を比べる
知識→理解→応用→分析→統合→評価の流れを何回も何回も繰り返す
フレームワーク力

■論理思考力
テクニック
MECEに分類するクセをつける
漏れなく、ダブリなく
2×2のマトリクス
ピラミッド・ストラクチャーで展開する
すべての思考を仮説からスタートさせる
実践方法
日常の業務に即した練習問題をひたすらやってみる
論理パズルを隙間時間にせっせと解くクセをつける
日々、原因と結果を考えるときに「なぜ5回」を繰り返す
日常的に観察から仮説をつくる習慣をつける

■水平思考力
テクニック
自分が無意識に使ってしまっている前提を疑う
ものごとに対する新しい見方を積極的に導入する
一見別々のものを、積極的に組み合わせてみる
実践方法
種になりそうなアイデアの量をとにかく増やしてみる
出てきたアイデアは、なるべく早く市場で試してみる
アイデアがうまくいかないときにこそ、失敗から学んで早く修正する
他の人とのかかわりあいの中でアイデアを醸成する

■視覚化力
テクニック
画像が持つパワーを理解し、効率的な情報処理方法として活用する
「デザイン」の力と意味を身につける
画像と文字の情報を組み合わせ、相互の活性化につなげる
実践方法
フォトリーディング+マインドマップをマスターする
イメージ・ストリーミングを習慣的に行う
イラスト・図表をつねに意識して使うクセをつける
睡眠を十分にとり、夢を活用する

■数字力
テクニック
数字の意味を知る
人に対する話はよほど工夫をしないと通じない
数字に分解する
統計を読む
統計がわかると世の中の見え方が変わる
実践方法
政府発表や世論調査、企業データなどの数字を見る習慣をつける
白書類を読む
身の回りのわかっている数字を記録する
数字から仮説をつくる
数字を使って人に説明してみる
数字の結果がイメージできるように相手を説得するということ

■言語力
テクニック
なるべく多くの知識・説明を知る
言葉に落とす習慣をつける
比喩を意識する
実践方法
読書・読書・読書
話す時間・書く時間の質量を高める
辞書を引き、検索するクセをつける
ブログで訓練する

■知的体力
テクニック
身体と頭の関係を理解する
健全な精神が健全な発想を生む
食べ物と知力の関係を理解する
実践方法
ブレインジムの体操を行なう
聴覚、触覚、味覚、臭覚を鍛える
三毒を追放する
妬む・怒る・愚痴る
身体にいいものを中心に生活する

■偶然力
起きたことはすべて正しい。
テクニック
偶然のチャンスを生かす
与えられた情報の中からつながりを見つける
無理に格好をつけない
実践方法
よいチャンクを集める
つねに観察し続ける
なるべく魅力的な人に会う
つねに周りをポジティブな視点で見る

◎どんな本か見てみる↓
http://tinyurl.com/5h2fgx

posted by totti at 10:44 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

『できる人の超速★勉強法』 安河内 哲也

安河内 哲也
価格:¥ 600(定価:¥ 600)
おすすめ度:


28万部のベストセラーとなった『できる人の勉強法』
http://tinyurl.com/5gjx6p
をベースに、大幅に加筆・修正してまとめた激安文庫版!

A6サイズなので持ち運びしやすく、図解も多数取り入れて
ビジュアルも刷新!

非常に読みやすい内容になっています。
かなりのお買い得感!


マインドマップ

◎マインドマップはこれで作っています。
http://tinyurl.com/56rm87


■「複利」で伸ばすスピード勉強法
・昨日よりちょっとだけ多く学べ
・速くやるクセをつけろ
・音読は10〜20分とことん集中して読む
・1クール20〜30分で、勉強メニューを変えていく
・「作業」はできるだけ人に頼む

■覚えたことを忘れない暗記術
・覚える手段・場所を変えて30回は繰り返せ
・最初は浅く、だんだん深く
・「なぜなら」のネットワーク
・覚えないことは書くな。書いたら覚えろ。

■勉強を続けるためのテクニック
・ライフミッションを持つ
・1日30秒でもいいから毎日勉強せよ
・「人」「場所」を使って、勉強サイクルをつくれ
・「あれもこれも」と思うから、やる気がなくなる

■「やる気」が出ないときの対処法
・「上達」と「失敗の数」は比例する
・失敗したら、事後分析を徹底的に行え
・「ありがとう」が口グセの人は伸びる

■語学は体を使ってマスターする
・語学は「学問」でなく「技術」だ
・聞き取るには、ボキャブラリーを増やせ
・「外国人なんだから間違って当然」と開き直れ


◎どんな本か見てみる↓
http://tinyurl.com/58m7fe

posted by totti at 10:53 | Comment(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。