2009年03月15日

脱・金融大恐慌1993-2008

松藤 民輔
価格:¥ 1,470(定価:¥ 1,470)
おすすめ度:


この本の元となる
「脱・金融大恐慌―大混乱こそ大チャンス」が発売されたのが1993年。
http://tinyurl.com/aml98z

まるでデジャブーを見ているかのごとくだ。
まったく同じ状況が日本とアメリカにも当てはまる。
すさまじい先見性。
そのすべては過去の歴史の勉強から来ている。


「タミー」こと松藤さんは私が敬愛する人物の一人です。
口先だけの評論家とは一味違う。

それは自身が金鉱山を保有しており、市場の最先端にいるからでしょう。
経済が危機になればなるほど、金の価値は上がる。
そんなビジネスを保有したい。

■マインドマップ

◎マインドマップはこれで作っています!
http://tinyurl.com/56rm87


■国債
90%以上保有しているのが日本人だったから格下げされても国際
的な混乱はまったく起きなかった。
円は120円台から105円台にまでの円高になった。
米国債の格下げにおいても働けば、国債の格下げはその国の通
貨を強くし、株価を暴落させる。
一般人にとっての「非常識」を生むことになる。
一度、国債のマーケットが暴落し、金利が高騰した先は金利が
どんどん下がっていく。これには経済政策上、打つ手がない。

■すべてのブル・マーケットの最後は、穀物の出番である。

■証券なら証券の勉強をする。なにかひとつでもいいからテーマを
 持つ。とことん勉強して深堀りをしてみる。

■債権
将来のキャッシュフローを買っていることに他ならない。

■株式投資
いますべきことは現金を用意しておくことだ。
NYダウ暴落とリンクして底値に落ちた日本株を買いこんでしまう。
その後は長期保有を決め込んでしまえばいい。

■アメリカ
1971年、自国を守るために「ドルと金との交換停止」を発表。
自国の権益のためには、他の国を犠牲にしてもかまわなかった
のである。
アメリカを考える際にはこのことを忘れてはいけない。

■マーケット
だましは当たり前。
自分のバリューの競争であるから、自分の考えと反対のことを
書かれたら嬉しくてたまらない。

■次に成金になる国が出てくれば、今度は日本人が売る。
それが歴史の必然である。
成金国が発生するタイミングでは、必ず外人が活躍する。

■心理
一般的に金利が上がれば株価が下がる。
危機となると、金利が下がれば株価も下がり、金利が上がれば
株価も上がる。

◎どんな本か見てみる↓
http://tinyurl.com/da4cmr

★お小遣いが増殖し続けるサイト
http://tinyurl.com/beb767

★毎月高配当のお金がもらえる!
http://tinyurl.com/cza7jm

posted by totti at 16:33 | Comment(47) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。