2009年02月22日

若者はなぜ3年で辞めるのか?




3回ほど転職をしている私にとっては妙にうなずける一冊。

最初の会社は

給料は安い。
出世は遅い。
出世しても給料は安い。
無能な管理職達。

そらやめるわ。

客観的に見て、辞めない奴はどうかしている。

義理でも感じているか、転職先が見つからないかのどちらかだ。

今では中堅層が皆無だ。
これからどうするのだろう?


さらに内容は会社の体制から発展し、日本全体について述べている。

日本全体にはびこる年功序列制とそれを守ろうとするご老体達。
結果、若者は切り捨てられ、若者たちには閉塞感が漂う。


マインドマップ

◎マインドマップはこれで作っています!
http://tinyurl.com/56rm87


■閉塞感の正体を指し示す

■なぜ3年で辞めるのか
・昭和的価値観の復権
年功序列、終身雇用
・3年以内に3人に1人はやめる
・ミスマッチ
仕事への意欲
現実の仕事
・企業側の人材に対する考えの変化
・働き損
数少ない管理職ポストの空席待ちに長蛇の列
序列が上がらない以上、基本的に報酬はそれ以上上がらない
・社内には1本のレールしかない
キャリアパスの複線化が必要

■やる気を失った30代社員たち
・レールは30代でぷっつり途切れる
・メンタルトラブルの増加
閉塞感

■若者にツケを回す国
・年長者ほど有利な世界
・経営陣以上に昭和的価値観を持った労働組合
・若者の採用を減らす
・2015年には年金だけで年10兆円を超える赤字に

■年功序列の光と影
・年齢で決まる人の値段
・もう45歳以上の社員はいらない
・天下り
強固な年功序列を維持
・ねずみ講

■日本人はなぜ年功序列を好むのか?
・日本と韓国くらい
特殊な条件下で成立する
どちらも崩壊しかかっている
・教育システム
年功序列的考え方と非常に相性がいい
レールの上を走ることだけを刷り込まれる
自分の足で歩くことを忘れ果てる
・明確な動機はなくなり、働くという「道」
・均質で従順な労働者を大量に供給
・安定して長い期間働くことで技術力が蓄積

■働く理由を取り戻す
・エリートと呼ばれる人間ほど答えられない
・自分自身の内なる動機に対して義務を負っている
・自分で道を決める自由

◎どんな本か見てみる↓
http://tinyurl.com/9bql94

タグ:転職 会社
posted by totti at 18:06 | Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。